建築士としての視点

はじめまして。tamaの夫のonokenです。

僕は主にコパンではなく、設計事務所logo2の方で活動しています。

tamaがはじめた不動産業は、お互いに関連の深い業界。
コパンのお客様に建築士としてお役に立てることがあれば、と思うのですが、どういう場面が考えられるでしょうか。

hr

例えば、お客さんの気になる土地がいくつかある場合。
敷地の形状や広さ、法律による制限、お客さんの予算と要望といった条件の中で、建物を建てるという視点でどの敷地を選択するのが最も良さそうか。
というアドバイスができるかもしれません。

hr

また、土地の売り主さんで、土地形状等の関係でなかなか売れそうにない、という場合。
これまでの、設計者としての経験から不利な条件を逆手にとって、こんな魅力的な建物が建てられる可能性がありますよ、とアピールできるかもしれません。
(この場合は、それなりの手間暇が掛かるかもですが。)

hr

逆に、設計事務所に来られたお客さんの土地探しをお手伝いできる可能性もありますね。

そんな感じでお互いできることを出し合って、お役にたてたらいいな~、と考えてます。


投稿日: onoken
カテゴリー: 仕事
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*