リノベーションスクール@鹿児島に参加しました。

先日、リノベスクール@鹿児島へ参加しました。

オープニングアクトで
NHKのプロフェッショナル仕事の流儀に出演されていたブルースタジオの大島芳彦さんのお話。
ユニットワークで「リノベの女王」と言われる吉澤瞳さんのお話。
息子さんを妊娠されて五島に移住されるまでのお話、心に染みました。
クロージングアクトで
「東京R不動産」の吉里裕也さんのお話
各アクトのユニットマスター・サブユニットマスターも素晴らしい動きをされている方ばかり。

24名参加でA・B・C3グループに分かれてそれぞれの案件をリノベーションする。
このスクールでアプローチ方法を教えてもらう。
エリアの近未来を予測する。そのためには街へダイブして(ココ重要、現場の飲食店に行くもよし、近所の人達と話のもよし)物件周辺のエリアの課題、変化の兆しを探す。先入観を捨てる。新しい名前をつけてみる。直感で行動。どこにでもある提案はだめ。尖らせて考える。など心にビンビン響く心得を伝授してもらう。

町へダイブだぁー!

3日目の本番公開プレゼンの前にショートプレゼンがスクール2日目の午前と夜の2回あり
そのショートプレゼンだけどみんな考えて考えて案をだすけど、ユニットマスター達のブラッシュアップで射すくめられてしまう。でもその内容がほんとにちゃんと納得できるから当り前だけど感心・感動でした。夜中3時のブラッシュアップもキレッキレでした!

今回、初めての体験だったとは言え、かなり勉強になった。そして自分に満足できなかった。
ついていけなかった感が残ってます。
またリベンジしたいと思いました。それかこのスクールで学んだことをいかして自分で何かしたい。私もリノベーションストーリーを作っていけたら。

この3日間本当に濃かったです。久しぶりの徹夜。毎晩の夜泣きのおかげか思ったより余裕。値段を言ったらおかしいけどこのボリュームで15,000円の受講料。だけど感動プライスレス!
そうそう母乳育児なので主人が会場まで朝晩チビを連れてきてくれました。
会場までの片道30分、そして夜泣き大変だっただろうな。協力してくれた主人に大感謝です。

数日後の地元の新聞に掲載。ちょうど私達のグループの写真でした。

数日後に今度はDIYリノベシンポジウムへ。またまた非常に興味深い内容。


投稿日: tama カテゴリー: 仕事  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*